メニューを開く

Salon Support

Dream2016

前回大会の様子

DESIGN AWARD 開催概要

テーマ

『Form × Color × Texture』〜フォルム、カラー、テクスチャーの調和がとれた、個性が活かされた創造性豊かなヘアデザイン〜

競技内容

パーマ&カラーを事前に施したモデルに対しての、カットとスタイリングによる
ヘアデザインの創作

※ルベル製品のみの使用とする
※ストレートパーマのみのスタイルは除く

審査員敬称略50音順

予選会では15名の審査員が分かれて審査にあたります。詳しくは、開催要項をご確認ください。

審査員をクリックすると詳細が表示されます。

五十嵐 憲生

RENJISHI
代表


1983年に「RENJISHI from LONDON」をオープン。 現在、青山・吉祥寺でサロンを展開。 高いカット技術と再現性で圧倒的な評判を得ている。 サロンワークを中心に、ファッション誌や業界誌の他、講習・セミナー、ヘアショーで活躍中。商品開発もつとめる。

内田 昇

Tom & Susie Factory
代表


1977年に東京・八王子に「トム & スージー」をオープン。上質なヘアカラーとこだわりの技術で定評を得ている。NPO法人日本ヘアカラー協会「2006」・「2010」委員長、JPA日本パーマ協会設立理事などをつとめ、業界団体でも活躍中。

大川 雅之

TAYA
クリエイティブチーム・チーフディレクター


全国から集結したトップデザイナー達が名を列ねる、銀座「GRAND TAYA」の指名・売上No.1クリエイティブディレクター。ヘアショー・テクニカルセミナー・ファッションショーのヘアメイクをつとめる傍ら、多くの女優やタレントを担当。ファッション誌や業界誌、テレビ番組の撮影などでも活躍中。

小野坂 崇

SHIMA
エグゼクティブスタイリスト


TGC(東京ガールズコレクション)出演サロンとしても知られる、「SHIMA AOYAMA」を取りまとめるディレクター。最先端のデザイン×一流の技術×抜群のセンスで、多くのクリエイターやアーティストから支持される。サロンワークを中心に、講習・セミナーなどで活躍中。

加藤 孝子

ROOTS
代表


都内サロン3店舗を経て、2003年に渋谷に「ROOTS」をオープン。常に新しいスタイルを発信する提案型サロンとして、男女問わず多くのお客様に支持されている。サロンワークを中心に、ファッション誌や業界誌、TVのヘアメイク、講習・セミナーなどで活躍中。

神無月 ゆうと

LUNA HAIR
代表


1996年に「LUNA HAIR」をオープン。現在、3店舗を展開。JHAに12年連続ノミネートされ、2004年にライジングスター賞、2005年にはグランプリの「HAIRDRESSER OF THE YEAR」を受賞。講習・セミナーやヘアショー、創作活動などで活躍中。

小松 敦

HEAVENS
代表


1993年に「HEAVENS」をオープン。現在、渋谷・原宿に2店舗を展開。独自の技術論「ツーセクションカット」やアグレッシブなヘアデザインで注目を浴び、1999年 JHAロンドン最優秀賞、2000年 JHA準グランプリを受賞。サロンワークを中心に、ファッション誌や業界誌、ヘアショー、セミナーなどで活躍中。

近藤 繁一

HYSTERIA
代表


1994年に「HYSTERIA」をオープン。現在、青山・原宿に2店舗を展開。業界で出版された「ベーシックパーマ1」「ベーシックパーマ2」は、美容師の教本とされている。ファッション誌や業界誌で数多くの撮影を手掛け、近年は講習・セミナーでも活躍中。海外での美容師活動の経験あり。

砂原 由弥

UMiTOS
代表


都内2店舗を経て、2008年に千葉県に「海と砂原美容室」をオープン。その後、2011年には表参道に「UMiTOS」をオープン。サロンワークに加え、ヘアメイクアップアーティストとして、ファッション誌・PV・CM・映画の撮影などで活躍中。また、メンタルケアカウンセラー、認定福祉美容介護師の資格も持つ。

鳥羽 直泰

VeLO/vetica
代表


都内2店舗を経て渡英し、「Vidal Sassoon London」に入学。5年間の渡英生活を経て、帰国後DADA(現DADA CuBiC)に参加。2003年原宿に「VeLO」、2009年「vetica」をオープン。サロンワークを中心に、ファッション誌や業界誌、講習・セミナーなどで活躍中。

本田 誠一

HONDA PREMIER HAIR
INTERNATIONAL 代表


神奈川県内(大和、横浜、藤沢)で個性あふれる5店舗を展開。若くして技術の世界で頭角を現し、世界大会日本代表、パリ大会ゴールデンローズ賞を受賞。 日本のみならず、世界各地での講演・ヘアショーで活躍中。 全理連中央名誉講師、TUK名誉会長などをつとめ、2011年「現代の名工」、2013年「黄綬褒章」受章。

松永 英樹

ABBEY
代表


「peek-a-boo」を経て、2002年に「BAPE CUTS」をオープン。その後、2007年に「ABBEY」としてリニューアルオープンする。サロンワークを中心に、ファッション誌や業界誌、講習・セミナーなどで活躍中。

三好 真二

LILI
代表


2006年、表参道に「LILI」をオープン。2006年・2008年・2009年とJHAファイナリストとなり、クリエイティブでも頭角を現す他、話術と親しみやすいキャラクターで人気を集める。サロンワークを中心に、セミナーや雑誌の撮影などで活躍中。

村上 信一郎

feel
代表


1992年に「feel」をオープン。現在、東京・吉祥寺で2店舗を展開。20代でヴィダルサスーンのカットコンクールで優勝。また、数々のコンクールでも上位入賞。サロンワークを中心に、講習やセミナー活動、様々なコンテストの審査員として活躍中。

山田 千恵

DaB
クリエイティブディレクター


「SHIMA」を経て、1995年「DaB」のオープニングメンバーとして参加。 以後、サロンワークにおける中心的なデザイナーとして活躍。オリジナリティある作品には業界誌などでも定評があり、様々なジャンルのアーティストのヘアデザインを手掛けている。

参加資格

ルベル製品ご使用サロンのスタッフ及びオーナー/経験年数フリー

  • エントリー時の所属サロンを退店された場合は、次のステージへは進めません
  • サロン所在地のエリアに、1ステージのみエントリーいただけます(県によっては隣接するエリアステージ)
  • デザインアワード/メンズデザインアワード、いずれかのエントリーとなります

エントリー費

8,000円(税抜価格)

※お申込み後にキャンセルされた場合は、エントリー費の払い戻しはできません

Webでのお申込みの場合、5%引きとなります

競技規定

競技規定違反は審査の対象外となりますのでご注意ください

デザイニングタイム 30分(カット&スタイリング)
  • 全体にカットを行うこと(カットは必須条件)
  • ビフォアとアフターに必ず変化があること
カットツール 自由
  • セニングのみのカットは不可
スタイリングツール ハンドドライヤー及びブラシ類のみ
  • ※セットアイロン、ホットカーラー、カーラー類の使用は不可
使用薬剤 ルベル製品のみ(パーマ・カラー・スタイリング すべて)
装飾品類 ヘアアクセサリー、ヘアピース、エクステンション、ピン類の使用は不可
モデル 女性モデルに限る(プロ、アマ、国籍は問いません)
  • ※エリアステージ、ファイナルステージが同一モデルである必要はありません
  • ※18歳未満のモデルは不可
  • ※モデルへのパーマ及びカラーの施術は必須
ウェーブ確認 競技開始前に水スプレーにてウェット状態にしてチェック
メイクアシスタント 必要な場合は1名のみ

審査基準

  1. 作品のビフォアとアフターの変化度合い
    特にカットがしっかり施されているか
    ※事前にモデルのポラ撮影を行います
  2. モデルとヘアデザインのマッチング
    モデルの個性を十二分に引き出し似合わせているか
  3. ヘアデザインのクリエイティブ性
    従来にない新規性が盛り込まれているか
  4. ヘアデザインのテーマ性
    ヘアデザインに一貫したテーマが感じられるか
  5. カット、スタイリング、パーマ、カラー等テクニック
    上記テクニックの完成度
  6. 全体イメージ
    ヘアデザインとコスチュームのトータルな印象 ※メイクは審査対象となりません

この6つを基軸に、「技術」「創造性」Judgeします。

注意事項

  1. 1.競技中の電源はスタイリスト1名につき、1.2kw以下で一口とします
  2. 2.会場内では競技時間外のヘアカット及び薬剤使用は不可
  3. 3.控室はドレッサー、姿見、卓上鏡、ハンガーラック、コンセント等の設備はありません
  4. 4.ファイナルステージ参加時の、遠方(80km以上)の方の主要幹線交通費(ファイナリスト&モデル計2名分)は、ルベルが負担します ※アシスタントの交通費は自己負担になります

スマホ・パソコンからお申込みが可能になりました

エントリーはコチラ

 

メンズデザインアワード:お申込みは、サロン所在地にかかわらずお申込みいただけます

デザインアワード:お申込みは、サロン所在地に近いエリアからお申込みください

 
pagetop