メニューを開く

Products 商品紹介

理美容師の方へ

Design Color Photo Contest Design Color Photo Contest

NEWS
NYLON JAPAN編集部による一次審査、3回目を発表!! どんな作品が通過したか、チェックしてみよう♪
NEWS
審査員の方々よりコメントをいただきました。
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • Line

Instagramで
素敵なデザインカラー写真を投稿!

応募期間 6/1〜7/10 応募期間 6/1〜7/10
Present
  • マテリア
    最優秀賞
    1名
    NYLON JAPAN
    10月号(8/28発売)
    撮影&作品掲載
    + 商品券(7万円)
  • ロコル
    最優秀賞
    1名
    NYLON JAPAN
    10月号(8/28発売)
    撮影&作品掲載
    + 商品券(7万円)
  • マテリア
    審査員特別賞
    3名
    NYLON JAPAN
    10月号(8/28発売)
    作品掲載
    + 商品券(3万円)
  • ロコル
    審査員特別賞
    3名
    NYLON JAPAN
    10月号(8/28発売)
    作品掲載
    + 商品券(3万円)
  • NYLON JAPAN 読者「いいね」賞
    1名
    NYLON JAPAN 10月号(8/28発売)
    作品掲載 + 商品券(5万円)
応募期間:
2018年6月1日(金)~7月10日(火)
選考方法:
  1. (1)一次審査
    NYLON JAPAN編集部で審査
  2. (2)NYLON.JPで作品を公開
    一次審査を通過した作品は、NYLON.JPで3回に分けて公開
    NYLON JAPAN読者による「いいね」投票を行います
  3. (3)最終審査
    一次審査通過作品の中から、審査員・読者・編集部で各賞を選考
How to
Step 1

フォローする

応募部門のインスタグラム公式アカウントをフォロー
マテリア部門(@materia_lebel
ロコル部門(@locor_lebel

Step 2

写真を撮る

素敵なヘアカラーデザインを撮影し、「#materia_nylon」もしくは「#locor_nylon」をつけて投稿
 

Step 3

当選発表

当選された方にはInstagramのダイレクトメッセージにて当選のご連絡をいたします。
 

サロン名/技術者名/使用色/応募部門のハッシュタグを必ず明記し、投稿してください。
両ハッシュタグを明記すると審査対象外となりますのでご注意ください。
※マテリア及びロコル以外のヘアケア・コスメのタグ付けとハッシュタグはご遠慮ください(サロン名やスタッフ名、テーマなどは使用可)
※誌面掲載の対象となるアカウントには、インスタグラム内ダイレクトメッセージにて掲載内容について編集部より確認させていただきますので、必ずご返信をお願いします。
※投稿作品についての肖像権、著作権に関しましては、投稿者の方の責任においてご対応ください。
※応募作品はマテリア及びロコルのキャンペーンに関わる制作物やWEB、SNS等で紹介させていただくことがございます。
Other's Post

一次審査を通過した作品集をご紹介。
またNYLON.JPでは、NYLON JAPAN読者参加によるに「いいね!」投票を開催中です。
あなたが気になる作品にどんどん投票しよう。

おすすめカラーレシピ

MATERIA
MATERIA

トップ

KING
若者からの絶大なる支持を得て2014年にLA Kingをオープン。メディアからも注目され、全国からファンが集まるサロン。カラーを巧みに操り、“外国人STYLE×品”を生み出したカラーの神様。
close
みやち のりよし
2014年4月渋谷にオープン。ハイトーンなデザインカラーが人気のヘアサロン。“外国人風”をキーワードに、圧倒的な技術、デザインセンスによりSHACHUらしさを創り出している。
close
石川 英典
外国人風カラーを極めた職人集団として人気のヘアサロン。技術・メニュー開発、教育を担当し、時代が変わっても売れ続ける普遍性と外国人風を追求し続けている。
close
河原木 佑弥
2007年DaB入社。2014年、2016年にJHA NEW COMER OF THE YEARファイナリストにノミネート。2015年東京ヘアドレッシングアワードノミネートなど受賞歴多数。DaB daikanyama店長/サロンディレクターを務めながらセミナー講師としても活躍中。
close
浦 さやか
FLOWERSディレクターとして一般誌から業界誌、ヘアショー、セミナーに至るまで幅広く活躍し、他にはない新しいデザインを発信。2015年にはFLOWERSのセカンドブランドとなる「otope」をオープンし代表に就任。日々クリエイティブを追求している。
close
赤松 美和
2003年原宿にパートナーである鳥羽直泰氏と共にVeLOオープン。2009年新ブランドveticaオープン。2015年VeLO/vetica拡張移転。現在はVeLOディレクターとしてサロンワークを中心に、一般誌・業界誌撮影、ヘアショー、セミナー、コンテスト審査等で活動。
close
石川 英典
  • Qマテリアの魅力は何だと思いますか?
    業界一の原色の強さだから、日本人の赤みを消しやすい。原色同士を組み合わせるからこそ、オリジナルカラーが生まれる。近頃の単色使いと差別化できるのは、それを考えることができる美容師だけ!
  • Qヘアカラーに対する考え方を教えてください。
    「パッと見を変える」という点で、バッサリとカットした時と同等の破壊力がある。外見を変化させるツールとして、最優先事項。伸びた時にも「イイ感じ!」、色落ちに対する先見性、その駆け引きの難しさがカラーの魅力です。
  • Qフォトコンテストに参加されるサロン様に一言お願いします。
    「自分勝手にヤッちゃう!」感じと、「NYLONぽさ」の要素をうまく組み込んで、イメージに合わせたモデル選びをするとイイと思います。衣装はモデルに負けないマッチングで攻めてください!
close
赤松 美和
  • Qロコルの魅力は何だと思いますか?
    色の発色、定着、持ち、全てに特化した塩基性カラー。ミックスの仕方によっては幅広い色の表現が可能。塩基性によくある「色ムラ」もフラットベースを使用することで均一なカラーを実現。トリートメント効果が高いのでカラー後の手触りがとても良いです。
  • Qヘアカラーに対する考え方を教えてください。
    サロンカラーならではの仕上がりを実感してもらえることが大切だと思います。デザイン面では、ナチュラルなカラーでもホイルワークでさりげなく立体感や陰影をつけたり、時には遊びごごろのあるデザインカラーを提案したり。サロンでカラーをすることでより髪の質感が良くなるところまで実感していただきたいと思います。
  • Qフォトコンテストに参加されるサロン様に一言お願いします。
    コンテストは準備(モデルや衣装選び、新しいデザイン探しetc)がとても大切だと思います。試行錯誤を繰り返すことで自分のセンスをブラッシュアップさせてくれる良い機会。そこで養われるセンスを武器にサロンワークでもお客様に素敵なデザインを提供したいですね。
close
  • Q本キャンペーン魅力を教えて下さい。
    マテリア/ロコルを使ったヘアカラーリングが、サロンさん・モデルさんの個性によってさまざまな“スタイル”になっていく。カラーデザインの幅広い楽しみ方と、驚きやひらめきがたくさん生まれたら良いなと思っています。
  • Qフォトコンテストに参加されるサロン様に一言お願いします。
    今回のご投稿作品をNYLON読者が見て、「このスタイルになりたい!」とサロンさんに足を運んでくれるきっかけになってくれたら嬉しいです。読者がカラーチェンジをしたくなるような、NYLONらしい作品をお待ちしております。
close
みやち のりよし
  • Qマテリアの魅力は何だと思いますか?
    決定的に違うのは、“発色”だと思います。アルカリカラーでは、考えられないくらい色鮮やかに出るんです。ブリーチで抜いてからのオンカラーもムラなくきれいに入りやすく、とても使いやすいですね。MATERIAがダントツに抜きん出ていると思います。
  • Qヘアカラーに対する考え方を教えてください。
    お客さまの髪質は十人十色。施術前の髪質チェック以外に、その方がどういう方なのか、服装や話される雰因気も含めて最適なカラーを提案しています。
  • Qフォトコンテストに参加されるサロン様に一言お願いします。
    季節やTPOに合わせて洋服を着替えるように、もっと多くの方が気軽に楽しんでもらえるたら嬉しいです。センスが忠実に表現されるヘアに、無限の可能性を信じて投稿されることを楽しみにしています。
close
河原木 佑弥
  • Qロコルの魅力は何だと思いますか?
    ロコルはしっかりしたベースの上に、さらに自分のデザインを際立たせるアイテムであると思います。幅広いデザイン表現とダメージケアというカラーに一番必要なことをかなえてくれます。
  • Qヘアカラーに対する考え方を教えてください。
    ハイトーンのカラーバリエーションが増えてきている今、そこで必要になるのが、ベーストーンの作り方とジャッジです。狙ったカラーを表現するためのベース作りと褪色時のカラーの経過を予想する事。これらの内容を押えておかなければ、いくら良いカラーデザインでも十分とは言えないかもしれませんね。
  • Qフォトコンテストに参加されるサロン様に一言お願いします。
    これからのトレンドになって行くような少し前衛的でキャッチーなヘアデザインを楽しみにしています!
close
KING
  • Qマテリアの魅力は何だと思いますか?
    MATERIAは奥深さがあり、クリエイティブ性や面白みといった点で圧倒的に優れていると思います。一種類ずつ、さまざまな色の選択が可能で、そのお客さまだけのカラーを作ることができます。こだわりのある色を出したいなら、MATERIAは必須です!!
  • Qヘアカラーに対する考え方を教えてください。
    カラーは、カットやパーマよりも短いサイクルで変化をつけられる施術です。そのため、どの年代の方でもサロンで常に楽しむことができる一番の技術だと思っています。
  • Qフォトコンテストに参加されるサロン様に一言お願いします。
    新しいカラーの可能性を楽しみにしています。
close
浦 さやか
  • Qロコルの魅力は何だと思いますか?
    短時間で色が入る。発色が良く、ムラになりにくいのでベースの色みによってぶれにくい。MIX次第でバリエーションがたくさん作れる。
  • Qヘアカラーに対する考え方を教えてください。
    その人そのものを表す役割か、アクセサリー的な役割かでアプローチが変わってきます。カットデザインと上手くコラボレーションさせるためにフットワーク軽くカラーを楽しんでます。
  • Qフォトコンテストに参加されるサロン様に一言お願いします。
    コンテストに挑戦することで、カラーの可能性が広がって楽しいデザインがたくさん出てきてほしいです。カラーで印象はいくらでもかわるので、その変化を楽しみながらデザインしてほしいです。
close
pagetop