メニューを開く

Special

知っておきたい
毛髪のサイエンス(基本編)

#19男性の肌・頭皮が陥りやすい
「ベタ・カサ」肌を攻略せよ

#19男性の肌・頭皮が陥りやすい
「ベタ・カサ」肌を攻略せよ

メンズケアも保湿が大事! 爽やかな清潔感のある肌&頭皮へ

男性特有のベタついてカサつく肌と頭皮。男性ホルモンやシェービングの影響など、さまざまな要因により引き起こされます。放っておくとシミやシワ、抜け毛・薄毛の原因にもなりかねません。まだ若いからといって後回しにしないで、将来の健やかな肌・髪を育むためにも今すぐ肌と頭皮環境を整えるケアを始めてみましょう。

季節によって左右される肌・頭皮環境

常に外気と直接触れている肌は、気温や湿度、紫外線などの影響を受けやすいもの。顔はもちろん頭皮もスキンケアと同じように、季節や肌コンディションに合わせたケアを心がけることが大切です。肌と頭皮にとって最も過酷な夏は、気温・湿度ともに高く、汗や皮脂分泌の量が急激に増え、さらに海などのアウトドアレジャーなどで強い日差しにさらされることもしばしば。そして秋には、夏に蓄積されたダメージが残り、頭皮もお疲れ気味に。肌や頭皮が敏感な状態に傾くこともあり、炎症などのトラブルにも気をつけたい時期です。冬になると、気温が下がり皮脂量が減るため、今度は乾燥しやすくなります。このように季節が変わるとトラブルが起こりやすいコンディションになるため、夏は皮脂対策、冬は乾燥対策といった季節に応じたケアが大切です。女性よりも角質層が厚い男性は、自分の肌に鈍感になりがちなので、季節の変わり目などは特に過剰な皮脂やうるおい不足に注意してケアしましょう。

ベタ・カサが加速する“負のサイクル”

男性の肌は、生活習慣などから、ベタつき・カサつきが悪化する“負のサイクル”を引き起こしてしまう可能性大。まず、ベタつきを取るために洗いすぎると、角質層内のうるおいを保つ細胞間脂質が減り、バリア機能が低下します。乾燥しやすく敏感になった肌に紫外線があたると、微弱炎症が起こって肌の保湿力が低下、さらに乾燥が進みます。その結果、バリア機能を補おうとより一層皮脂が過剰に分泌されてしまいます。ただでさえ男性は、男性ホルモンにより皮脂分泌が高く、シェービングによる肌ダメージ、保湿ケアなどのお手入れが不十分だと悪循環にはまってしまいます。その他、暴飲暴食、偏食、喫煙、不規則な生活といった生活習慣も大敵。こうした負のサイクルは、エイジングを加速させたり、頭皮や肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。ベタつくからといってゴシゴシと洗いすぎたり、皮脂を取りすぎたりしないよう注意して、水分をたっぷり補給する保湿ケアを心がけましょう。

<参考>きほんの毛髪科学/(株)女性モード社 刊
pagetop