プロエディット ケアワークス ホームチャージ しなやかに動く髪を保つ proedit CARE WORKS HOME CHARGE

シャンプー

酸性石鹸系シャンプー

(写真)バウンスフィットBOUNCE FIT ソフトフィットSOFT FIT (特徴)すすいだ後地肌に残りにくく、ヌルつきがすくない (仕上がり)さっぱりとした洗い上がり

古くから親しまれて使われてきた石ケンの長所(低刺激・きめ細かな泡立ち)を活かし、短所(アルカリ性・硬水での泡立ち低下)を改善。ルベルでは、シャンプーの洗浄成分として積極的に使用しています。

アミノ酸系シャンプー

(写真)カールフィットCURL FIT スルーフィットTHROUGH FIT (特徴)泡立ちがきめ細かく、すすぎ時に髪がきしみにくい (仕上がり)やわらか・なめらかな洗い上がり

カラー&パーマをした後、きしみがちになった髪を、やさしくなめらかに洗い上げる洗浄成分です。

豆知識

日本の水道水は軟水です。ただ、日本においても温泉地帯や海岸沿岸においては(中)硬水の地域もありますので、そういった地域で石ケンを使用すると泡立ちにくくなることがあります。この現象は石ケンに含まれる成分が、硬水中のカルシウムイオンの影響により変化するために生じます。

洗浄成分について

髪と地肌をすこやかに保つ洗い上がりのヒケツは、低タンパク変性・低タンパク吸収性。アミノ酸系、酸性石鹸系の2つの洗浄成分に共通する特徴です。

低タンパク変性とは?

髪や地肌をおだやかに洗うための要素で、髪や皮膚を構成する主要な成分であるタンパク質を変質させにくいことです。
身近な「タンパク変性」の例では、アルカリ性のパイプ洗浄剤が排水口につまった髪を溶かすことや、牛乳に酢(=酸性)を入れると牛乳のタンパク質が擬固することなどです。

低タンパク吸着性とは?

洗浄成分が、タンパク質に吸着しにくい性質。
シャンプーをすすいだ後、洗浄成分が地肌に残りにくいようにするための要素です。

聞きなれない言葉だけど、実は身近な現象なんですね!

カラーケア成分について

ヘアーカラーの後は、シャンプー選びも重要! 2つのカラーケア成分が髪のゴワつきをおさえてカラー後の髪を心地よく洗い上げます。

フィチン酸の特徴

米ヌカより得られる成分。カラーの褪色・ゴワつきの原因となる「水道水中の金属イオン」から髪を保護します。

トルメンチラエキスの特徴

ヨーロッパなどに分布するバラ科植物「トルメンチラ」から得られるエキス。
カラー施術後、毛髪に残留している過酸化水素(=褪色やダメージの原因)から、髪を保護します。

  • 一般のお客様 お問い合わせ窓口 0120-002831 10:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝 休)