メニューを開く

Products 商品紹介

理美容師の方へ

LOCOR SERUM COLOR

NEWS
動画まとめ【ロコちゃんねる】
第9話 ホワイティカラーを作ろう
Q&A
ロコルの疑問や質問についてQ&Aで紹介中!
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • Line

Locor Design Color〜 Technical Guide 〜

Products

ニュアンスライン

Nuance Line 〈10色〉

ハイライト部やハイトーンカラーに、短時間で絶妙なニュアンスをON。

  • ロコル / セラムカラー
  • ニュアンスライン 10色

  • <染毛料> 300g

アメイジングライン

Amazing Line 〈8色+アイボリー・クリア〉

表現したいイメージのままに、
狙った所に狙った色をON。

  • ロコル / セラムカラー
  • アメイジングライン 8色+アイボリー・クリア

  • <染毛料> 300g

support item

ブリーチやライトナー後の毛髪のpHをコントロールし、カラー前の毛髪を均一な状態に整えます。
カラーフラットベース
<ヘアトリートメント> 800mL

LOCO Channel

  • 第1話 「ロコル」を知ろう
    今更聞けないアルカリカラーと塩基性カラーの違い、LOCOR(以下、ロコル)の特性や使い方・注意ポイントなどを“ロコル”ならではの魅力と一緒に紹介いたします。

    【ゲスト:TIF 堀内孝章氏】

    • 0:36
      カラー剤の分類と特徴を知りましょう
    • 2:38
      ロコルの説明
    • 5:27
      毛束染め
    • 7:38
      色味の解説と注意ポイント
    • 9:15
      ロコルのまとめ
    • sns
    • facebook
    • Google+
    • Twitter
    • Pinterest
    • Line
  • 第2話 ニュアンスラインの使い方(基本編)
    ロコルニュアンスラインってどんなカラーデザインに使うといいの?どんな仕上がりになるの?…という声に応え、実際のモデルで、アイテム選定〜ベース作り〜仕上がりまで、テクニックポイントとともに紹介いたします。基礎が分かるとデザインも自由に。

    【ゲスト:TIF 堀内孝章氏】

    • 0:19
      モデルさんのBefore解説
    • 1:10
      カラーの塗布と注意点
    • 1:58
      毛先のカラー塗布と注意点
    • 3:29
      カラーチェックとロコル成功への解説
    • 4:03
      ロコルをトナーする際の注意ポイント
    • 4:54
      ロコルのトナー技術解説
    • 9:42
      仕上がり説明
    • 10:59
      仕上がりスタイルとまとめ
    • 12:22
      レシピ紹介
    • sns
    • facebook
    • Google+
    • Twitter
    • Pinterest
    • Line
  • 第3話 アメイジングラインの使い方(基本編)
    ロコルアメイジングラインをきれいに発色させるにはどうしたらいいの?実際のモデルで、アイテム選定~ベースのデザイン作り~仕上がりまで、テクニックポイントとともに紹介いたします。基礎が分かるとデザインも自由に。

    【ゲスト:TIF 堀内孝章氏】

    • 0:28
      フラットベースの使用方法
    • 1:27
      モデルのBefore確認とプロセス説明
    • 2:31
      根元のカラー塗布と注意点
    • 2:58
      中間のカラー塗布と注意点
    • 3:43
      塗り分けの注意ポイント
    • 4:45
      毛先の対応と塗布のポイント
    • 5:41
      アメイジングラインの塗布のポイント
    • 7:19
      仕上がり確認と解説
    • 8:41
      仕上がりスタイルとまとめ
    • 11:17
      レシピ紹介
    • sns
    • facebook
    • Google+
    • Twitter
    • Pinterest
    • Line
  • 第4話 スモーキーカラーをつくろう①
    創造性を刺激し、日々のサロンワークにおけるヘアデザインの可能性を大きく広げてくれると業界から注目を浴びているルベル主催のコンテスト「I.D.2018」デザインアワードにてGOLD PRIZEを受賞された澤入春樹氏(feel)をゲストにお迎えし、アイボリーをつかったカラー提案として新色のバレンシア×アイボリーを活用したスモーキーカラーの作り方をテクニックポイントとともに紹介いただきます。

    【ゲスト:feel 澤入春樹氏】

    • 0:31
      毛髪チェック
    • 1:06
      ハイライト施術(スライシング)
    • 3:05
      顔周りのハイライト
    • 4:36
      カラーフラットベースの活用
    • 5:44
      フォイル後の仕上がり
    • 6:14
      ロコル塗布
    • 6:57
      仕上がり確認と解説
    • 7:10
      ロコルとアルカリカラーの違い
    • 7:56
      仕上がりスタイルとまとめ
    • 8:11
      クリアとアイボリーの使い分け
    • 8:51
      Before&After
    • 9:04
      モデル スライドショー
    • 9:30
      レシピ紹介
    • sns
    • facebook
    • Google+
    • Twitter
    • Pinterest
    • Line
  • 第5話 スモーキーカラーをつくろう②
    より洗練されたデザイン、高い創造性が年々高まるルベル主催のコンテスト「I.D.2018」デザインアワードにて優勝された澤入春樹氏(feel)をゲストにお迎えし、新色のアイボリーにピーチ、ルージュを組合わせた、これからの季節におすすめのスモーキーカラーの作り方をテクニックポイントとともに紹介いただきます。

    【ゲスト:feel 澤入春樹氏】

    • 0:24
      毛髪チェック
    • 1:23
      ベース作り
    • 2:36
      ブリーチテクニック
    • 3:15
      放置タイムのアナウンス
    • 3:36
      フラットベースの使用
    • 5:03
      ロコルのカラーオン 根本の塗布
    • 5:59
      ロコルのカラーオン 毛先までの塗布
    • 6:36
      放置タイム
    • 6:48
      仕上がりの状態確認
    • 7:08
      仕上がり色解説
    • 7:36
      ロコルの特徴と優位点
    • 8:14
      Before&After
    • 8:22
      モデル スライドショー
    • 8:54
      レシピ紹介
    • sns
    • facebook
    • Google+
    • Twitter
    • Pinterest
    • Line
  • 第6話 スウィートメッシュカラー
    顔の輪郭や肌色などお客様の雰因気にあわせたスタイルを提案することで、多くのお客様から支持されている人気の美容師:森戸俊樹氏(YELLOW CORN )。アメイジングラインのピーチとアイボリーを活用し、スライシングで表現するメッシュスタイルを紹介いただきます。

    【ゲスト:YELLOW CORN 森戸俊樹氏】

    • 0:50
      毛髪チェック
    • 1:25
      フォイルワーク
    • 3:38
      フォイルワークの注意点
    • 4:55
      根元のカラー
    • 5:21
      中間~毛先のカラー
    • 5:52
      カラーチェック
    • 6:21
      プレーンリンス時の注意点
    • 7:04
      ロコル カラーオン
    • 8:09
      仕上がりの状態確認
    • 9:37
      スタイリング時の仕上がり状態確認
    • 10:42
      今回のまとめとロコルの優位点
    • 12:13
      Before&After
    • 12:22
      モデル スライドショー
    • 13:19
      レシピ紹介
    • sns
    • facebook
    • Google+
    • Twitter
    • Pinterest
    • Line
  • 第7話 ユニコーンカラーを作ろう
    ナチュラルなカラーからブリーチまで幅広い色や技術に特化していて、日本のみならず海外からもお客様が来店されるサロンのオーナー:四宮桂佑氏(THE ORDER)。
    アメイジングラインを使用し、きれいなグラデーションになるよう色相環を意識した、寒色系のユニコーンカラーを紹介いただきます。

    【ゲスト:THE ORDER 四宮 桂佑氏】

    • 0:30
      毛髪チェック
    • 0:49
      根元のカラー
    • 1:40
      根元のカラーの注意点
    • 2:15
      中間~毛先のカラー
    • 2:36
      カラーチェック
    • 2:57
      カラーフラットベース
    • 3:16
      使用色の紹介
    • 3:35
      ユニコーンカラー施術
    • 6:53
      仕上がりの状態確認
    • 7:24
      ユニコーンカラーのまとめとロコルの優位点
    • 8:32
      Before&After
    • 8:44
      モデル スライドショー
    • 9:33
      レシピ紹介
    • sns
    • facebook
    • Google+
    • Twitter
    • Pinterest
    • Line
  • 第8話 ニュアンスラインを使ったデザインカラー
    高級感のあるゆったりとした空間で今までにない「ヒーリング」&「ビューティ」をお届けする
    Steller PREMIUM。オーナーの樫田 哲明氏をお迎えし、ロコルのニュアンスラインを使った、ツヤと透明感のある「トリートメントカラー」をご紹介いただきます。

    【ゲスト:Steller PREMIUM 樫田 哲明氏】

    • 0:30
      毛髪チェック
    • 1:44
      根元のカラー
    • 2:03
      根元のカラーの注意点
    • 2:26
      カラーチェックとマテリアとの使い分け
    • 3:17
      カラーフラットベース
    • 3:53
      ロコルの塗布時のポイント
    • 4:24
      根元~中間の塗布と薬剤色
    • 5:46
      毛先の塗布
    • 6:19
      仕上がりの状態確認
    • 6:48
      ニュアンスカラーまとめ
    • 7:41
      Before&After
    • 7:48
      モデル スライドショー
    • 8:16
      レシピ紹介
    • sns
    • facebook
    • Google+
    • Twitter
    • Pinterest
    • Line
  • 第9話 ホワイティカラーを作ろう
    ストリートスタイル・カジュアルモードスタイルが体感でき、トレンドの一歩先を行くスタイルを提案するサロンgem by BUDDY HAIR。スタイリストのJUN氏をお迎えし、ロコルで表現する「ホワイティカラー」を紹介いただきます。

    【ゲスト:gem by BUDDY HAIR JUN氏】

    • 0:19
      毛髪チェック
    • 0:47
      ブリーチの注意点
    • 1:38
      根元のカラー
    • 2:40
      中間~毛先のカラーと注意点
    • 3:47
      カラーフラットベース
    • 4:37
      ロコルの塗布
    • 6:00
      ロコル塗布時のポイント
    • 6:57
      仕上がりの状態確認
    • 7:25
      ホワイティカラーまとめ
    • 8:42
      Before&After
    • 8:55
      モデル スライドショー
    • 9:34
      レシピ紹介
    • sns
    • facebook
    • Google+
    • Twitter
    • Pinterest
    • Line

第1話
「ロコル」を知ろう
 

第2話
ニュアンスラインの使い方(基本編)

第3話
アメイジングラインの使い方(基本編)

第4話
スモーキーカラーをつくろう①

第5話
スモーキーカラーをつくろう②

第6話
スウィートメッシュカラー

第7話
ユニコーンカラーを作ろう

第8話
ニュアンスラインを使ったデザインカラー

第9話
ホワイティカラーを作ろう

Q&A

ヘアカラーデザインの表現力や質感を短時間でアップするトリートメントカラー“ロコル”は、カラー提案の幅を広げるの非常に有効なアイテムです。しかし、ロコルは塩基性カラーのため、通常のアルカリカラーなどの他薬剤と使用方法が異なり、使用上の疑問をもたれる方もいらっしゃいます。そんな困ったときに役立つようにロコルQ&Aをご紹介します。

  • Q1
    ロコルでキレイに染めるには?
     
  • Q2
    色持ちはどれぐらい?
     
  • Q3
    黒髪にも使用できますか?
     
  • Q4
    白髪染めとして使用できますか?
     
  • Q5
    トナーとして使えますか?
     
  • Q6
    色移り・色落ちでお客様に
    気をつけていただく事は?
  • Q7
    加温して使用できますか?
     
  • Q8
    頭皮から塗布しても良いですか?
     
  • Q9
    染まりすぎた時の対処法は?
     
  • Q10
    ロコルを落としたいときは?
     
  • Q11
    色を薄めるには?
     
  • Q12
    カラーチェンジをするには?
     
  • Q13
    ダメージ毛で
    色ムラ・毛先の沈みを防ぐには?
  • Q14
    狙った色を表現するために
    注意することは?
  • Q15
    クリアとアイボリーの
    効果的な使い方は?
  • Q16
    狙った色を表現するための
    ベストタイムは?
  • Q17
    アメイジングラインを
    使いこなすには?
テクニカルサポートセンター 0120-853-85410:00〜12:00 / 13:00〜17:00 (土・日・祝 休)

トップ

Valencia バレンシア

遊んでいるけど、カッコイイ。モードな雰囲気で、気持ちも上がる。

Before
既染部13レベル
Process
Color Recipe
デザインワーク(ローライト):マテリア B-7 3%
ベースカラー:ルベル プラチナブリーチ 6%
オンカラー:ロコル バレンシア
Design Technique
ローライトは耳上を中心にランダムに入れる。バレンシアとの相性を考え、暗くなり過ぎないトーンでやわらかく見えるようにデザインしていく。
Valencia Movie
close

Shadow シャドウ

女らしくて、大人っぽい。深みのある色が、今の気分にフィットする。

Before
6レベル(バージン毛)
Process
Color Recipe
デザインワーク:ルベル プラチナブリーチ 6%
ベースカラー:

根元 マテリア Gr-8+MT-8(1:1) 3%
毛先 マテリア Gr-10+MT-10(1:1) 6%


オンカラー:ロコル シャドウ+クリア(1:10)
Design Technique
AB のブリーチがつかないようにしっかりラップでカバーする。
ベースカラーは根元と毛先を分けて塗布。中間部はコーミングでぼかし、ナチュラルなグラデーションを作る。ベースをマテリアで整えておくことで、ムラのないきれいな仕上がりになる。

Shadow Movie
close

Ivory アイボリー   smoky pink

肌になじむクリーミーカラーで、好きな色を、もっとラフに楽しむ。

Before
既染部15レベルに16レベルのハイライト
Process
Color Recipe
ブリーチ:ルベル プラチナブリーチ 6%
ベースカラー(グラデーション):マテリア Gr-8μ 3%
オンカラー:

ロコル ピーチ+アイボリー(1:8)
ロコル シャドウ+アイボリー(1:6)

Design Technique
ベースカラーはランダムに伸ばし、根元から中間にかけて自然なグラデーションがつくように塗布していく。オンカラーは2色を分けずに1プロセスで塗布することで、流す時にブレンドされて、毛先のピンクに程よいスモーキー感がプラスされる。
Ivory Movie
close

Ivory アイボリー   mermaid blue

肌になじむクリーミーカラーで、好きな色を、もっとラフに楽しむ。

Before
既染部10レベル
Process
Color Recipe
ブリーチ:ルベル プラチナブリーチ 6%
ベースカラー:
根元 マテリア CA-6 3%、中間~毛先 マテリア CA-12 6%
オンカラー

(フォイル):ロコル オーキッド+アイボリー(1:7)
(ベース):ロコル インディゴ+アイボリー(1:10)

Design Technique
ベースカラーは毛先→根元の順番に塗布することで、毛先を確実に明るくし、土台のグラデーションがきれいになる。オンカラーは、アイボリーミックスにより、まろやかな色みに仕上がる。

Ivory Movie
close
Q1ロコルでキレイに染めるには?
Aウェット~ハーフドライの状態で使用してください
塗布方法
ロコルは、ウェット~ハーフドライでの塗布が基本の使用方法です(基本プロセス図参照)。その際、ロコルをコーミングなどで一気に伸ばさず、等間隔で数回に分け塗布するのがコツです!一気に伸ばして塗布した場合、染着せず色ムラの原因につながります。
ウェット/ドライ塗布
また、乾いた髪に塗布すると使用量が増えるだけでなく、過剰に染着し、沈み込みや色移りというトラブルにつながりますのでご注意下さい。
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q2色持ちはどれぐらい?
A2weeksが目安です
髪質や環境(紫外線や海水・プールなど)によって変わりますが、ロコルで染めてから2週間くらいが目安になります。
※使用するシャンプーによっては色落ちしやすくなります。色味を楽しんでいただくために、やさしく洗い上げるイオシリーズなどを使用いただくことをおススメします。
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q3黒髪にも使用できますか?
A使用することは可能ですが、見た目にはほとんど分かりません。
ロコルはブリーチ力がないので髪を明るくすることができません。そのため、黒髪の上からロコルを使用しても染着こそはしますが、見た目にはほとんど分かりません。例えるなら、黒画用紙に水彩絵の具で塗るイメージと同じだと思っていただくと分かりやすいかもしれませんね。
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q4白髪染めとして使用できますか?
A白髪染めとしては不向きです。
塩基性カラーは、ブリーチされた髪に使用するには発色が良く、短時間でしっかり染まる特徴を持っていますが、ニュアンスラインは白髪のバージン毛にはほぼ染まりません。うっすらと色がつく程度なので、白髪ぼかしなどの使用にも適していません。
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q5トナーとして使えますか?
Aニュアンスラインは、トナーに適しています。
ロコルは、短時間で染着できるように処方されておりラインごとに塗布方法が異なります。ウェットの状態で塗布するニュアンスラインは、トナー使用が基本の使い方になります。(基本プロセス図参照)
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q6色移り・色落ちでお客様に気をつけていただく事は?
A髪を濡れたまま放置にすると、タオルや衣服につきやすいので要注意!
使用色によっては施術後、数日間シャンプー時の泡に色がでたり、タオルや枕カバーなどに色がつく可能性があります。そのため、十分に水を切ったあとタオルドライし、しっかりとドライヤーで髪を乾かしてください。万が一、タオルや衣服に色がついてしまっても、通常の洗濯で“ほとんどの色は落とせる”ことをお伝えし、安心していただきましょう。
自宅で出来る対処法や注意点を知っていただき、ロコルカラーを楽しんでいただきましょう。

<ビビットカラーに関して>
アメイジングラインのようなビビットカラーを施術した後は、シャンプーを2回以上されることをおすすめします。特に施術直後は、夏場やレジャー施設など、汗や水にぬれやすいシーンで色移り・色落ちしやすいので、ご注意いただく事をお伝えください。
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q7加温して使用できますか?
Aおすすめは、できません
アメイジングラインの場合、発色・色持ちともに良くなります。ただし、次回のカラー提案をする際、色が残りすぎ(残留ティント)てカラーチェンジに影響が出るおそれがあります。
ニュアンスラインの場合、想定よりも暗くなったり(色沈み)、発色が変わってしまうケースがあるので、おすすめできません。
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q8頭皮から塗布しても良いですか?
A頭皮が染まってしまうことがあるので、ご注意を。

ニュアンスラインをトナーで使用する場合、ほとんど色はつきませんが、できる限り頭皮に付かないように塗布して下さい。アメイジングラインに関しては、頭皮についてしまうと濃く染まってしまうので、頭皮につけないようにご使用ください。

もし頭皮に色が「付いた」「残った」場合、1週間程度で色は自然に落ちますのでご安心下さい。サロンワークの中ですぐに落としたい場合は、リムーバー等をご使用してください。リムーバーを使用する際は、強くこすったりせず軽く叩きながら染料を浮かし、しっかり洗い流して下さい。

  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q9染まりすぎた時の対処法は?
Aルキアス(酸性カラー)のクリアを使用。
色が濃く入りすぎたり、色がぶれた場合の対処法として、ルキアス(酸性カラー)のクリアを使用する事をおすすめします。ブリーチを使用すると、変色する場合がありますのでお気をつけ下さい。
 

※ベース18Lvにライトグレージュをドライ状態で塗布し、20分間放置し毛束を使用しています。

※ストランドテストをされる事をおすすめします。

拡大する

<ちょっとその前に…>
染まりすぎ・色ブレの対処前に、陥りがちな色ブレや染まりすぎの原因をチェックしてみましょう。

(チェック1)ウェット状態で使用していますか?
ドライ塗布をした場合、使用量が増えるだけでなく、過剰に染着し、沈み込みや色移りにつながります。

(チェック2)髪の明度確認とアイテム選定が間違っていませんか?
ベースのダメージや明度の見極めと使用アイテムがあっていないと染まりすぎや色ブレの原因となります。

(チェック3)放置タイムは適切ですか?
ロコルの放置タイムは、5〜10分です※。

※Q&Aトップ掲載の「基本プロセス図」をご参照下さい。

  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q10ロコルを落としたいときは?
Aルキアス(酸性カラー)のクリアを使用。
「ルキアス」のクリアを塗布し、加温で10~15分放置+5分クーリングしてください(通常の酸性カラーと同じ工程)。ただし、完全に染料を脱染できるわけではありません。
 
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q11色を薄めるには?
Aロコルのクリアやアイボリーを使用します

ロコルは、素早い染着力と色持ち、手触りなめらかな質感を定着させるために特長のあるクリーム形状になっています。色を薄めるために他のトリートメントなどを混ぜると、染着力や質感機能、色持ちが低下してしまいます。

色を薄める場合は、表現したいニュアンスに合わせてロコルのクリアやアイボリーをミックスしてください。クリアやアイボリーを使用する事で発色や手触りなめらかな質感の機能維持だけじゃなく、クリーミーな色からパステルカラーまでカラー表現の幅が広がります。

拡大する

拡大する
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q12カラーチェンジをするには?
A残留ティントの見極めを。

前回ロコルを使用した髪にアルカリカラーを使用してカラーチェンジをする際、残留ティントの影響を受けてしまった時の対処法をご紹介します。

例)前回、ロコルで施術した髪をアルカリカラーでカラーチェンジをしたところ、ピンクっぽく発色してしまった。

対処→

①残留ティントをチェック

残留ティントが気になる場合は、ライトナーでストランドテストをしましょう。

②ストランドテストで赤みが強く出たら

1)ルキアス(酸性カラー)のクリアで1回処理

2)ストランドテストの状態に合わせて、既染部にオーバーラップしないように塗布

3)赤みが強く残る場合は、希望色にマテリアM-8μをのせる

※使用上の注意点は、Q9を参照
うっすらと残っている程度であれば、そのままカラーチェンジをしても問題ありません。

  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q13ダメージ毛で色ムラ・毛先の沈みを防ぐには?
Aダメージ毛にあわせて、対応しましょう

パーマ毛やハイダメージ毛は、毛先が沈んだり色ムラになりやすいので、カラーフラットベースでブリーチ後の染まりにくさと毛先の沈み込みを軽減した上で、毛髪のダメージレベルに合わせて塗り分けすることをおすすめします。

ケース 1
ダメージレベルが低い(2~3)場合

ロコルを根元~中間に塗布した後、同じ希望色を時間差をつけて毛先に塗布。またはクリアで薄めた希望色を塗布します。

ケース 2
ダメージレベルが高い(4以上)場合

毛先にトリートメントやクリア等を塗布し、時間差をつけて、クリアで薄めた希望色を毛先に重ね塗りします。


  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q14狙った色を表現するために注意することは?
Aベースの明るさに合わせてアイテム選定を!
狙い通りのカラーを表現するためには、アンダーカラーによって色表現が変わってきてしまうので、ベースの明るさに合わせてアイテムを選びましょう。
拡大する
拡大する
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q15クリアとアイボリーの効果的な使い方は?
Aクリアとアイボリーを使い分けてヘアカラーの表現幅がUP!
ロコルのアメイジングラインにクリアをミックスすると、軽やかで、透明感のあるヘアカラーを表現できます。アイボリーをミックスすると、柔らかく、やさしいパステルカラーを表現。クリアやアイボリーを使い分けることで、ヘアカラーの表現幅が広がります。
拡大する

拡大する
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q16狙った色を表現するためのベストタイムは?
A塗布時間+放置時間=5~10分が目安

“短時間でしっかり染まり、発色がいい”というのがロコルの特徴です。しかしそのためには、ラインごとのベストタイムをまもり、使用していただくことが大切になります。

<ニュアンスライン>塗布時間+放置時間=5分
放置時間が長すぎると、狙った色が出せなくなります。

拡大する

<アメイジングライン>塗布時間+放置時間=10分
放置時間が長すぎると、色素が残留しやすくなります。次のカラーチェンジを考えて、放置タイムは10分以内で設定しましょう。

拡大する
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
Q17アメイジングラインを使いこなすには?
Aミックスカラーレシピを参考に!
アメイジングライン同士をミックスすることで、深みのある色や個性的な色表現が可能になります。アメイジングライン同士をミックスしたミックスカラーレシピを参考に、自分だけのカラーレシピに挑戦してみてください。
拡大する
  • sns
  • facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Pinterest
  • LINE
close
pagetop