02

special interview

毎日をわたしらしく楽しむ
香りのスイッチ

“これがいちばんわたしらしい”を
キーワードに掲げる
ナチュラルケアシリーズ〈Moii(モイ)〉。
本質を知る4人のプロフェッショナルが、
その世界観を自身の信念に重ね、
“わたしらしさ”を紐解くインタビュー。

第2回目に登場いただくのは、
週末のワクワクをさまざまな形で発信する
コミュニティメディア『NEXTWEEKEND』
代表の村上萌さん。

研ぎ澄まされた五感と時代を先読みする
知性を持ち合わせ、
臆することなく前進する姿に、
女性としてのしなやかさと輝きを見つけました。

NEXTWEEKEND代表

村上 萌さん

NEXTWEEKEND代表 次の週末に取り入れたい理想の生活のヒントを提供するコミュニティメディア『NEXTWEEKEND』を主宰・運営。それに連動する商品企画やECストアの運営、空間プロデュースなどを幅広く展開し、2019年にはコーヒースタンド『GARTEN COFFEE and seasonal wishes』をオープン。母との共同著書『受けつぎごと。』(サンマーク出版)が重版になるなど、自身のライフスタイルも多くの女性たちから支持される。3歳になる女の子の母としての一面も。(https://nextweekend.jp)

“次の週末”を豊かに

やりたいことや好きなことが見つからず、身動きが取れなくなってしまっても、次の週末、何をしたいか考えることならできるかもしれない。村上萌さんが提案するのは、ちょっと頑張れば手が届く少し先の未来のこと。近すぎて見えなかったものにも向き合うことができて、予想もつかない3年後へも確実に歩みを進められる。自身が主宰するコミュニティメディア『NEXTWEEKEND』が提唱する“次の週末に叶えたい、理想の生活”とは、目の前にあるものを“自分ごと”として捉え、人生を自分のものとして動かすことなのだと、迷いのない言葉で語ってくれました。

「大学を卒業したあと、すぐには就職しなかったんです。まずは自分ができることを見つけようと、仕事を探してさまざまな人に会い、プレゼンを繰り返す日々を送っていました。1年ほど経つと少しずつ、自分の提案が目指すところに共通する部分があるのが分かってきて。それは、今日でも3年後でもない、次の週末、何にワクワクするのか。これをブランド化したいと思ったのが、『NEXTWEEKEND』のスタートです。

賛同する仲間たちとチームをつくり、“季節の楽しみに小さな工夫”をコンセプトに掲げたWEBサイトを立ち上げて、楽しいことを読者が自らの手で生み出すためのアイデアを発信しはじめました。自分の存在価値を見失ったり、夢を持つことも難しく考えてしまう。モノや情報に溢れた時代に生きていて、恵まれていることによって、どう生きればいいのかが分からない——。このトンネルを抜ける方法として、「まず、次の週末にやりたいことを見つける」ことの大切さは、何気ない友人とのやりとりのなかでも実感していたと言います。

「何か相談されてアドバイスをするとき、 “それ、ちょっと頑張れば次の週末にできるよ”って言うと元気になってくれるのを身にしみて感じたので、本当に人の背中を押したいと思うときに、この距離感はちょうどいいと思ったんです。もちろん、週末というのは概念であって、ウィークエンドだけお祭りのように過ごし、平日は無ということじゃない。目の前の景色が変わることを待つのではなく、自分の思考回路を変えて欲しいなと。そうすれば見えてくるものも違ってくるはず。誰のものでもない、毎日を楽しくするのは自分なんだ!と腹をくくってしまえばいいんですよ」

起業家として精力的に活動し、プライベートではアスリートの夫を支える妻であり一児の母。忙しくも充実した日々を送る村上さんのプライベートをのぞいてみると、心をときめかせる週末の工夫がいたるところに散りばめられています。

「季節を五感で感じるために、オフィスにも自宅にも花を飾っているのですが、それがあるだけで部屋が生気で満ちるんです。この花がせっかくきれいに咲いていてくれるのに部屋が散らかっていたらもったいない、じゃあ片付けよう、という風に、好循環のスイッチが入ります」

Jリーガーとして活躍する夫は身体が資本。パートナーとして、食事面でのサポートは栄養バランスに気を配るのはもちろんのこと、村上さんのInstagramにアップされる食卓のコーディネートは、愛あるひと手間をかけたものばかり。

「料理のレパートリーも“またこれ?”とならないように、どう面白くアレンジできるかを考えます。はじめての野菜を買ってみたり、組み合わせ方を変えてみたり、同じことをやり続けるのではなく、好奇心を持って変化させること。最近は、ローズシロップをハヤシライスに少し入れてみたらとても美味しくできて大成功でした」。

チームの移籍に合わせて、生活の拠点を変える暮らしのなかにも、自ら楽しさの種を蒔き、育んでいます。どこへ行っても地元の人よりその地域について詳しくなり、移住を繰り返すたび、再び会いたい人も増えてきました。

「今は大阪と東京を行き来していますが、関西ってそこらじゅうに歴史があってワクワクする。昔、何があった場所かを調べるのが面白いし、人も親しみやすいし、街がコンパクトだから、自転車でどこへでも行けるんですよ」

香りはわたしの原動力

自分の道は、自ら選び取ってきたという自負があるから、いまある現実を真っ直ぐに受け止められる。何かと比べて価値を推し量るのではなく、自分の基準で物事を見つめる姿勢に清々しさが漂います。

「会社名はドイツ語で庭を意味する、ガルテンと名づけたのですが、私の祖母の家がドイツ様式だったことに由来しています。いまも庭とリビングをつなぐ場所に咲いていた懐かしい花を見つけて、香りを嗅いでみると、幼少期の思い出が鮮やかに蘇ります。私のアイデンティティは、祖母の庭での体験がつくってくれたもの。香りによって記憶が立体化され、自分の原点に還れます」。

大人になって、ふとしたときに思い出の香気に触れると、一瞬にしてそこに戻れる。記憶とセットでそれを感じることは、村上さんが大切にしていることのひとつ。自分という人間の成り立ちを、あらためて確かめるプロセスになります。

「心を切り替えるためにも、香りを活用しています。この香りを嗅いだら寝る時間、この香りを感じたら仕事をする…など、気持ちをナチュラルにシフトできる。空間の香りもそうなのですが、肌や髪に触れる香りにこだわることも、心地よい暮らしに必要なこと。〈Moii〉シリーズの、天然精油のみでつくる香りは、素のままの私に寄り添ってくれて、つくり込みすぎないスタイルに仕上げてくれるお気に入りです」。

起きたら、セットする前に使うのが『モイ ウォーター ジェントルドーン』。朝は素髪でいたいとはいえ、起き抜けのままなのも味気ない。そんな、理想的なナチュラルヘアに整えるのに、マルチトリートメントウォーターが役立ちます。

「これは化粧水で肌を整えるようなイメージですね。娘の髪を梳くのにも使っているのですが、私と同じものを使えることが彼女も嬉しい様子。シベリアモミのクリアな香気も、朝にぴったりです」。

『モイ オイル レディアブソリュート』は、夜寝る前に使っても、リラックスしたムードをくずさない数種の花の香り。

「どんなに好きな香りでも、眠りを遮ってしまうものってありますよね。夜に使いたいと思うヘアケアにやっと出会えました。エキゾチックな花の香りは、気持ちも明るくなるけれど、ラベンダーの効果なのか、心穏やかな状態に導いてくれます」。

ヘアとボディをひと続きにケアする流れも、これまで感じたことのない使用感だったそう。

「スタイリング剤を使うと、髪がセットされるという気持ちになっていたけれど、ボディのケアも叶えられるとなると、髪と身体のお手入れに垣根がなくなりました。そんな自由さが、フレッシュな香りも含めて嬉しかった」。

『モイ クリーム グローリーゼア』の凜とした香りに、『モイ バーム ウォークインフォレスト』のリラクシーな芳香。それぞれの香りをまとうたびに少し違う自分になれる。〈Moii〉シリーズを使う手順のなかにも、毎日を“わたしらしく”楽しむきっかけを発見したようです。
「やりたいことは常にストックしてあって、すぐにでもチャレンジしてみる」。 得られる成果が不安なときでも、いまここにある人生は自分のものだと胸を張って生きている。村上さんのまぶしさの理由は、そこに存在していました。

「そんなこと?っていうくらい小さなアクションも、積み重ねていけば、大きな選択をするときの活力になって、いざというとき自分を信じてあげることができる。自分の小さな野心にちゃんと耳を傾けてあげれば、きっと“わたしらしい”理想の生活を楽しめると思うんです」

favorite items

ボディ・ヘアトリートメントウォーターMoii water Gentle dawn

ボディ・ヘアオイルMoii oil Lady absolute

ボディ・ヘアトリートメントクリームMoii cream Glory there

ボディ・ヘアトリートメントバームMoii balm Walk in forest

staff credit

  • hair&make-up: Mirai Matsuda
  • photograph: Keiko Ichihara
  • interview&text: Ai Watanabe
  • edit: kiitos. [SAN-EI CORPORATION]

interview list

about “Moii”

これがいちばん、
わたしらしい。

肌にも心にもフィットするものを選びたい。
そんな想いに応え、自然由来成分に拘って生まれた
ナチュラルケアシリーズ「Moii(モイ)」。
身に着けるたびに自信が満ち、毎日が輝いていく。
自分らしくあることこそ、何より美しいのだから。

※ 成分の由来の大半が植物等の非石油系成分であることを意味します。